2018年5月30日水曜日

ゆっちゆーる ぷち しやんぶる こんにちわ 浦和美園!

ゆっちゆーる ぷち しやんぶる


 手編み作家
手編みテデイペア作家


FACEBOOK


2018年5月12日土曜日

只今検索中日本埼玉県草加市栄町二丁目⑪・南流山の司法書士は千葉司法書士会の会員でした!


只今検索中日本埼玉県草加市栄町二丁目⑪・南流山の司法書士は千葉司法書士会の会員でした!

  •  今までの氏の事務所とホームページが奥さんの名前に代わりました。

  •  みなという名前になる・・・これは偶然でしようか。

  • 騙された被害者は多摩区麻生・埼玉県・足立区・群馬県・騙した草加グループ達の司法書士は千葉司法書士会です。千葉司法書士会の会員でした。

  • そして美奈と言う名がひらがなでみな・・・奥さんという偶然です!

  • 疑問に思うこと書きます!

  • wとKの弁護士もやはり友達でした。
    wとKの弁護士は依頼者WとK言い分が事実なのか確認もしないのですか!

    wとkの弁護士の虚為悪質な虚為主張について弁護士の言論を名誉毀損でといたい!

    虚為公文書作成罪及び公使罪

    虚為としりながら書く書面の弁護士の責任についてはどうおもいますか!

    wとKのむじゆんだらけの主張と認否についてはどうおもいますか!

    wとKの虚為の事実の主張にはどの程度反論すべきですか!

    wとKの虚為の証処及び準備書面の虚為に対する損害賠償の増額についてはどうおもいますか!

    此れから先のwとKが虚為をのべた際の私達の主張については真実のみです!

    w辺の発言は妄言であり・w辺の無知は無恥です!

    以上宜しくお願いします!

2018年5月10日木曜日

只今検索中日本埼玉県草加市栄町二丁目⑩・詐欺師が不動産業者で台帳を自由に見られるしくみでした。


只今検索中日本埼玉県草加市栄町二丁目⑩・詐欺師が不動産業者です。

日本では不動産業者は台帳を自由に見られるしくみでした。
不動産知識と経験の差を悪用します!
「今なら…」「アナタだけに…」などの心理戦を仕掛けてきます!
日本では不動産業者は台帳を自由に見られるしくみでした。

不動産売買の契約に ... 詐欺師は不動産契約に至るまでの各ステップで不動産投資家からお金を騙し取ろうと企んでいます。不動産詐欺は非常に手口が巧妙です。


通常の不動産会社では「引き渡し日」を設定し、その日に決済と登記移転を1日で済ませるのが常識です。 また印鑑証明の管理を徹底してください。 「印鑑証明書」がなければ、詐欺師も登記移転を勝手に行うことは不可能です

書類は普通に偽造します!
不動産知識と経験の差を悪用します!
そしてなんでもするそうです。

⬇はネットでの参考分章です。
https://rakutto-fudosan.com/archives/2572

⬇はネットでの参考分章です。
土地台帳と旧土地台帳の違い
閉鎖登記簿の閲覧は有料
有料で紙の登記簿を閲覧するか、その写しを謄本として発行
旧土地台帳は、明治から昭和初期までに利用された、
土地の所有者等の情報を記録した台帳です。
古いものでも法務局に保管されています。現在も閲覧される要因として、
閉鎖謄本では解らない、明治まで遡り土地履歴(地目、所有者など)を
把握する事が可能です。

土地台帳
昭和35年の不動産登記法の改正で、現在の登記簿と一元化されて廃止。
法務局や市役所や町役場、村役場などに置かれている台帳にその市町村のすべての土地の番号や広さ、用途、所有者、どうやって手に入れたかなどが書かれています。また、一つの土地を複数で取得していればその割合もわかります。
誰でも見ることができます。

人の情報を勝手に見ていいのか誰でも見ることができる。
閲覧には手数料がかかります。
市町村によって違いますが300~500円。
土地の所有者を調べる台帳なら本の貸し出しなので何筆も調べることがでる。
法務局
何十年も前の古い情報が、旧土地台帳は一件ごとの申請で、無料で見られます。
建物や土地の所有者を調べるなら法務局で登記簿の閲覧などをするのが一番確実

務局はだいたいがコンピューター化(データ)されています。
現所有者が記載された台帳がありません。
旧土地台帳を閲覧しても現所有者でない場合が多々あります。
コンピューター化されていない場合は
現所有者が記載された台帳が存在します。実際にはその台帳に入っている地番の所有者等は閲覧可能です・
所有者を調べるので有れば法務局に行く。
約50年前に法律が改正され(一元化)役所が管理していた台帳は全て法務局に集約され、維持管理がされる。
市役所には「無い」と言われれば「無い」のです。
役所によってはコピーを持ってる所もあるが、廃棄処分をしてる役所も多いですね。戦前の建物は戦争で焼けたとか・・家屋台帳・土地台帳は昭和35年に不動産登記法改正により廃止されたようです。